all_off

tit_q 地盤の検査はしたほうがいいですか?

tit_q

人でも健康だからと過信しているとある日突然体調が悪くなり、入院するような事態も発生してきます。それと同じで家屋についても今まで住んでいたから大丈夫だろうと思っていても、実は徐々に家屋も傷んできています。人の健康診断と同じで家屋の健康診断のつもりで、地盤の健康診断もしておいた方がいいです。それと同時に家屋の沈下測量もお勧めします。
 
住宅の場合には以下の地盤調査方法がよく使われます。

tit_q 地盤沈下が起こる可能性が高い地域や地盤ってわかるものですか?

tit_q

概略は判断することができます。家屋の沈下が起きている原因としては、①元々地盤が弱い地域、②宅地造成の施工が悪い、③盛土高さが高い、④高い擁壁がある、⑤適切な地盤改良が施工されていない、⑥近隣工事の影響によるもの、等が考えられます。そのため、自分の家がどのような場所に建てられているか、どのような地形上にあるかを見ることだけでも家屋が変状しやすい状況かどうかは判断できます。場所と周囲の写真、家屋の周囲の地形からだけもどのような状況にあるかは推定することはできますので、ご相談ください。

tit_q 液状化対策工にはどのようなものがありますか。

tit_q

液状化対策工の前に、何故液状化が起こるのかといえば①地下水位が高い地域、②砂質土地盤、③地盤が緩い状態、であることによって地震時に液状化が発生します。そのため、これらの要因を取り除けばいいのです。液状化対策には大規模な土木工事用と住宅用の小規模なものがあります。ここでは住宅用の小規模対策について述べます。現在、提案されている工法としては、①家屋周囲を囲う工法、②地盤を固める工法、③家屋下で杭を打つ工法等が上げられますが、いずれも費用が高額のため、対策工を検討する場合には専門家に相談することをお勧めします。

tit_q 地名と地盤は関係があると聞きました。注意した方が良い名前はあるのでしょうか?

tit_q

元々地名はそこに住んでいる人が自然現象を経験してつけた場合が多く、地名と地盤は関係する場合が多くあります。地名はそれぞれの地形に因んでつけることが多くありますので、地名はむやみに変えない方がいいようです。以下の図のように、地名で軟弱地盤地域であるかどうかが判断できますので、家を建てる場合は地名を考慮に入れて地盤改良を行うかどうかの判断を行うこともできます。

tit_q リフォームを検討しており、可能であれば補助金を利用したいけれど、自分たちがどの制度の対象になるのかわかりません。

tit_q

様々な補助金制度については、補助対象となる適用要件が設けられています。大まかには次の3点 ①住宅の規模や構造、築年数など  ②工事の種類、内容 ③申請者、居住者の状態や収入などです。JFDではお客様が検討しているリフォームが各要件に適用しているかを確認しリフォームのご提案をさせて頂きます。

tit_q 補助金を利用すればどれくらい安くなるんですか?

tit_q

補助制度は、リフォームの種類や内容により、支給される補助額もそれぞれに違います。補助額のサンプルは助成事例を参考にしてください。具体的なお見積り相談を頂いた際には、補助金適用か確認し、内容により補助金を含めた御見積書を提示させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

tit_q JFDは何をしている会社ですか?

tit_q

JFDは建物と地盤の多様な問題を解決するプロフェッショナルな集団として、お客様のご要望に沿える提案をしております。
一級建築士による建物耐震診断、技術士や地盤調査技士による地盤リフォームなど、お客様が安心して長く住めるお家作りをサポートしています。
またグループ内には司法書士、行政書士、土地家屋調査士がおり、住宅と土地に関して、法律と技術によりトータルでサポートしている会社です。

tit_q 工事期間はどのくらいですか?また一般的にかかる費用はどれくらいでしょうか。

tit_q

改修する場所や、どのような工事を行うかにより、工事期間は大きく変わります。例えばトイレのリフォームでも和式から洋式に変更し、壁や床を変更するだけでしたら1日~2日で終えられますが、外壁の改修になると1ヶ月弱必要です。このように工事の内容により日数も大きく違ってくきます。
また費用に関しても改修内容により数万円~数百万円など大きく変わりますし、工事会社によっても違うので、お見積りの段階で、工程と工期の目安をしっかり確認して下さいね。
JFDでは、工事の内容、工期、費用に関して無料でご案内させて頂きます。まずはお気軽にご相談ください。

tit_q 工事期間中の生活への支障や騒音など近隣への配慮など不安です。

tit_q

お客様が在宅されている工事の場合、工事の進め方や浴室・トイレなどの設備が使えない期間をお客様と十分に打合せた上で工事工程を決め、生活への支障を最小限にします。
また近隣様にはJFDの担当者が工事着工前に挨拶に伺い、工事内容や工程、騒音やホコリなどの有無、担当者連絡先を伝えています。工事後にはアンケートをとり、近隣対応のフィードバックも行っております。

その他、ご不明な点等ございましたら
お気軽にご相談ください。

メールアドレス:

質問内容: