無料相談

リフォーム支援制度

ホーム > リフォーム支援制度 > 住宅履歴/検査

住宅カルテ

住宅カルテとは、住宅の設計、施工、維持管理、権利および資産等に関する情報をいいます。
いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修・リフォーム等を行ったかを記録した、お家のカルテです。

住宅を長持ちさせるために維持管理が必要!
日本の住宅が新築されてから壊されるまでの年数は平均約30年
欧米と比較し短いことが指摘されています。
まだ使える住宅を次々と建て替えてしまうことは、地球環境への負担が大きいだけでなく
居住費の負担も大きくなります。

いい家をきちんと手入れし、長く大切に
住宅の維持管理を適切に行うには、住宅がどのように設計、施工され
どのような修繕、改修・リフォームされたかという「住宅カルテ」が必要不可欠です。

住宅カルテのメリット

計画的な維持管理

竣工時の仕様の情報や過去に実施された維持管理の情報が 明らかな場合、必要な維持管理を計画的かつ効率的に実施できます。

mr_5

合理的なリフォーム

住宅カルテ情報を活用し修繕、改修・リフォームの計画を立てることができ、的確な予算・工期で希望にかなう合理的なリフォームを実現できます。

mr_6

売買に有利

設計、施工、維持管理等の情報がある住宅は既存住宅として売買するときに、安心・納得して売買できるだけでなく、住宅の資産価値が適切に評価されます。

mr_7

災害時の対応

災害時に住宅カルテ情報に基づいて迅速かつ適切な復旧や補修ができます。
設備機器等に不具合があった場合の交換等の対応が円滑に実施できます。

mr_8

住宅カルテ活用

住宅所有者が変わっても住宅カルテ情報は 引き継がれ、活用されていきます。

『修繕情報、  改修情報、 売買情報、 点検情報 』と様々な情報が蓄積されていきます。

利用することにより、住宅の寿命や資産価値を守ることができます。
まずは点検からはじめましょう。

iekarute.png

実際の活用事例

リフォーム相談